FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

映画deブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
『男たちの大和』観て参りました。
予想通りお客さんの平均年齢はかなり高めでした。
そして映画館はお茶の場状態(汗)上映中に皆さんしゃべるしゃべる。
まぁ仕方ない展開なのかもしれませんが・・・。

とにかく泣けました。
戦争と言う行為自体、不条理だと思っているから余計涙が出るのかもしれません・・・。
そして戦争は如何なる理由であれ二度と起こしてはいけないと思いました。
と言いつつも世界の各地でいまだに戦争は起きている事を忘れてはならないですよね。

劇中すごく印象に残ったのは臼渕大尉(長嶋一茂)の一言、
「日本が新しく生まれ変わるために先駆けとして散るんだ」
あの戦争があったから今の日本があるんだぁと痛感しました。

戦争を風化させないためにも一人でも多くの人に観て、感じて、
戦争について考えるきっかけになってほしいです。


昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される・・・。

個人的おすすめ度 ■■■■■■■■■□

<男たちの大和>


53


人気blogランキングへ






2006.01.11.Wed 23:07 | おそとde映画 | trackback(6) | comment(0)
『キング・コング King Kong 』観て参りましたぁ。
大好きなロードオブザリングのピーター・ジャクソン監督とあれば観ない訳にはいきません。
名作なのは知ってましたが他の予備知識まったく無しで挑みました。

期待通りの作品で感動しました。あっぱれピーター・ジャクソン!
すごいスケールで、とにかく迫力満点な作品でした!
総制作費1億1000万ドル、緻密なCG映像を織り交ぜる手法を駆使されてる所にも注目です。
途中から私ったら気分はアン(ナオミワッツ)、当然ラストにかけて胸が熱くなって・・・。
まさか自分でもこんなにキングコングを愛してしまうとは思ってもみませんでした~

あっと言う間の3時間8分。
ナオミ・ワッツの美しさ、キング・コングの心の優しさや逞しさ、
キング・コングを演じたアンディ・サーキスの表現力の素晴らしさ、
ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディの熱演などなど見所満載です。
年末年始に映画を観に行くなら『キング・コング』に決まりですね!
とにかくたくさんの人に堪能してほしいです!


続きを読むからネタバレしてます。

1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナムは、かつてない冒険映画を撮り、映画界をあっと言わせたいという野望を持っていた。ある日、「映画の撮影がある」と言って、脚本家のジャックと美しい新人女優アンを誘い、撮影クルーとともに航海に乗り出す。船が到着したのは、幻と呼ばれていた孤島(スカル・アイランド)だった。樹木がうっそうと生い茂る中で、島に生息する想像を絶する生き物たちを目撃する・・・。


個人的おすすめ度 ■■■■■■■■■■

<キング・コング King Kong >


53


人気blogランキングへ





2006.01.02.Mon 23:54 | おそとde映画 | trackback(0) | comment(0)
2006年がスタートしましたね。

今年も観たいと感じた映画を鑑賞して、マイペースで感想を更新出来たら良しと考えています。
かなり未熟な部分の多いブログですが、本年もよろしくお願いします。

人気blogランキングへ



2006.01.01.Sun 06:56 | おそとde映画 | trackback(0) | comment(0)
『SAYURI』観てまいりました。
レイトとは言え、人の入りが意外と多くて驚きました。
上映間もないからでしょうかねぇ?
全体的に年齢層はかなり高めでした。

映画が始まってまず気になったことは、中途半端に出てくる日本語です。
それにも慣れていつの間にか『SAYURI』の世界へと現実逃避している私。
子役の大後寿々花の人を引き付ける様な見事な演技のお陰だったのは言うまでもありません。
主役のチャン・ツィイーの演技と妖艶な姿に目が放せませんでした。
脇を固めるミシェル・ヨー、コン・リーの演技も印象的です。アジアパワー凄し!
監督のジョン・ウィリアムズ、ヨーヨーマのチェロ、パールマンのヴァイオリン・・・
たくさんの素敵要素が散りばめられています♪
正直言うと所々疑問は感じるかと思いますが、興味のある方は是非ご覧ください。

続きは後日アップいたします。

9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は、「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められ、いつか芸者になって会長さんに再会したいと願うようになる。時が経ち、15歳になった千代は、芸者の中でも評判の高い豆葉に指導を受け、「さゆり」としてその才能を開花していく。そしてついに、会長さんと再会することになるが…。


おすすめ度 ■■■■■■□□□□
個人的満足度 ■■■■■■■■■□

<SAYURI>


51



人気blogランキングへ





私はかなり楽しめました♪
主役の二人が好きなのもあり、最初から最後まで面白かったです。
ブラピとアンジョリーナジョリーの二人の息の合ったアクションも必見です!


気が付けば私ったらアンジョリーナのセクシーな部分に常に目が奪われっぱなしでした。素敵♪
これからの季節デートにも良いでしょうね。気軽に楽しめる作品でした~

南米で情熱的な恋に落ちたジョンとジェーンは、結婚し、晴れて「Mr. & Mrs. スミス」となる。5~6年後、夫婦に倦怠感が生まれていたある日、ふたりはお互いの「裏の顔」を知ってしまう。ジョンは建築業を隠れ蓑にした凄腕の殺し屋。プログラマーのジェーンは暗殺組織のエースだったのだ!この稼業では、自分の正体を知った相手を48時間以内に始末することが暗黙のルール。こうして、ふたりの壮絶な夫婦対立が勃発する…!

個人的おすすめ度 ■■■■■■■■■□

<MR.&MRS.スミス>


44


人気blogランキングへ





2005.12.12.Mon 19:29 | おそとde映画 | trackback(0) | comment(3)
姉妹って良いなぁ~
姉妹ってこんな感じなのかな・・・
姉妹がほしかった!
観終わって思ったことです。


この日はレディースディだったのもあり90%以上が女性客でした。
一番大きな部屋でしたが7割以上は埋まっていたと思います。
女性に受けるような作りだった気がします。
気軽に観れる作品です、お時間に余裕がある女性にお勧めします~

弁護士のローズは、義理の母親に家を追い出された妹、マギーを仕方なく自宅に居候させるが、当のマギーは、仕事も決まらず勝手し放題。挙げ句、ローズの恋人とベッドインした所を目撃され、家を追い出されてしまう。行き場を失ったマギーは、亡くなったと聞かされていた祖母エマを頼りに、フロリダへ向かう。孫娘の突然の訪問に喜ぶのもつかの間、マギーの奔放さに辟易したエマは、彼女を老人たちの施設で働かせることに。そこでマギーは、新たな自分を発見していく・・・。

個人的おすすめ度 ■■■■■■■□□□

<イン・ハー・シューズ>


40


人気blogランキングへ



この時代って物は無く貧しかったはずなんだけど、
人情と愛が溢れてた心は豊かな時代だったんだなぁ。
観終わると心がぽかぽかあったかくなる作品でした~


映画が終わってお手洗いに入ると
涙で崩れたお化粧を直す為に、いまどきの高校生から女子大生で満員。
『泣けるぅぅ~』
『すげぇ感動したぁぁ~』

みなさん口々に感想を言い合っていて・・・
いまどき若者世代にも受け入れられるのねぇとちょっぴり嬉しかったです♪
とにかくたくさんの人に観てほしい作品です。

昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残った経験がありながら、今は少年誌に冒険小説を投稿する日々。ある日茶川は、淡い思いを抱く飲み屋のおかみ、ヒロミに頼まれ、身寄りのない少年、淳之介を預かることに・・・。

個人的おすすめ度 ■■■■■■■■■■

<ALWAYS 三丁目の夕日>


39


人気blogランキングへ



2005.11.17.Thu 07:11 | おそとde映画 | trackback(3) | comment(2)






<< 2017.03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE


映画大好きです。観たい!と感じる映画を本能のままに観ている状態(笑)余程の事がない限りどんな作品も楽しめる人です。なので評価は甘めかと思います。宜しくお願いします~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。