FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

映画deブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
『男たちの大和』観て参りました。
予想通りお客さんの平均年齢はかなり高めでした。
そして映画館はお茶の場状態(汗)上映中に皆さんしゃべるしゃべる。
まぁ仕方ない展開なのかもしれませんが・・・。

とにかく泣けました。
戦争と言う行為自体、不条理だと思っているから余計涙が出るのかもしれません・・・。
そして戦争は如何なる理由であれ二度と起こしてはいけないと思いました。
と言いつつも世界の各地でいまだに戦争は起きている事を忘れてはならないですよね。

劇中すごく印象に残ったのは臼渕大尉(長嶋一茂)の一言、
「日本が新しく生まれ変わるために先駆けとして散るんだ」
あの戦争があったから今の日本があるんだぁと痛感しました。

戦争を風化させないためにも一人でも多くの人に観て、感じて、
戦争について考えるきっかけになってほしいです。


昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される・・・。

個人的おすすめ度 ■■■■■■■■■□

<男たちの大和>


53


人気blogランキングへ






反町隆史、中村獅童、鈴木京香 、山田純大、
渡哲也、林隆三、白石加代子、本田博太郎、奥田瑛二、勝野洋
・・・と
豪華なキャスティング。
私はその中でも仲代達也の目の演技がなんとも渋くて気になりました。
そして少年兵の若手俳優陣、松山ケンイチ、渡辺大、内野謙太、蒼井優・・・
の頑張りにも注目です。
彼ら若手の生き生きとしたさわやかな演技は好感が持てました。
あと久石譲の音楽も映画をいっそう盛り上げて、心に響き渡りました。

56 54
 
CGだけでは作り出せないリアルな質感を求め、
広島県尾道市向島町に戦艦大和の実寸大セットを建設したと
言うだけあって迫力満点の映像でしたね。
手に汗握る戦闘シーンもすごい迫力で・・・
大和で起こった惨状がリアルに再現されていたと感じました。

過去の戦争について言いたい事を書き出したらきりがないと思いますし、
日本だって各国にひどい仕打ちをしてきている事も忘れてはならないことですよね。
なので未熟な知識しか持ち合わせてない私はこれ以上は戦争については書けません・・・。

55 57
 
心に残るシーンはいくつかありました。
でも一番心に残ったのはこのセリフです。

 進歩のない者は決して勝たない。
 負けて目覚めることが最上の道だ。
 日本は進歩ということを軽んじすぎた。
 私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。
 敗れて目覚める。それ以外に、どうして日本は救われるか。
 今、目覚めずしていつ救われるか。
 俺たちは、その先導になるのだ。
 日本の新生に先駆けて散る。まさに本望じゃないか・・・。
 

大尉が本当に言った言葉らしいです。
このメッセージに映画で訴えたかった事が凝縮されていたように感じました。
(でもなんでこの重要な役が長嶋一茂なんだろうぅ?と涙しながら葛藤してました)

59 58

戦後60年。
平和ボケしている日本人の心を刺激してくれる作品だと思いました。
そして戦争の無い世界になって欲しいと願うばかりです。

他の感想をご覧になりたいならランキングへ


スポンサーサイト
2006.01.11.Wed 23:07 | おそとde映画 | trackback(6) | comment(0)
<< 2017.09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE


映画大好きです。観たい!と感じる映画を本能のままに観ている状態(笑)余程の事がない限りどんな作品も楽しめる人です。なので評価は甘めかと思います。宜しくお願いします~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。