FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

映画deブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
前日寝不足気味のせいか?前半睡魔に所々襲われそうになりました。
途中から少しずつ入り込めたような気がしてきて・・・
ラストにかけてのボクシングシーンではまるで自分が戦ってるような状態に(笑)
何だかんだいって大興奮して楽しんでいる自分がいました~


大恐慌時代のアメリカ。実在し、人々から“シンデレラマン”と呼ばれたボクサーの人生の断片を、カメラは寄り添うように見つめていく。家族と幸せに暮らすジミーは、前途有望な若手ボクサー。右ストレートを武器に、次期チャンピオンになれると目されていた。だが、右手を故障。勝利に見放された彼は、ライセンスを剥奪されてしまう。失業者のひとりとなり、日雇いの肉体労働に就けることすら難しい日々。困窮の中、彼が守りたかったのは愛する家族だけだった。そんなとき、かつてのマネージャーから一夜限りの試合復帰を持ちかけられる。

個人的おすすめ度 ■■■■■■□□□□

<シンデレラマン>




励みになります
気が向いたらぽちっとお願いします


実在した人物の話と言うのは妙に説得力がありますね。そして何とも感慨深く感じました。
ボクシングシーンがかなり壮絶で一番頭に残ってます。
演技とは思えないくらい迫力ありましたね。
お約束かもしれないけど、勝ち目がない相手に勝った時は思わず立ち上がりそうになりました!

ラッセル・クロウの優しさが溢れるお父さんを演じる姿は好感が持てます。
病気の子供と一緒に住みたいがために男のプライドを捨てて元同僚にカンパしてもらうシーンは
ジーンと胸が熱くなりましたね。なんとも儚い表情でしたよね。

レネー・ゼルウィガーは個人的に好きな女優さんですがこの役は合ってたのかな?
新境地だし頑張っていたかもしれないけど・・・判断しかねます(笑)
感じ悪い態度のチャンピオンにお酒をかけるシーンは観てて気持ちよかったです!

涙は出なかったけど胸に熱くなるシーンは何箇所かあって、
家族愛について色々教わることがありました。
観終わって思ったことは、あんな男気のある男性がいたら知り合いたい~(笑)
スポンサーサイト
2005.10.07.Fri 00:33 | おそとde映画 | trackback(8) | comment(0)
<< 2017.05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE


映画大好きです。観たい!と感じる映画を本能のままに観ている状態(笑)余程の事がない限りどんな作品も楽しめる人です。なので評価は甘めかと思います。宜しくお願いします~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。