FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

映画deブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
姉妹って良いなぁ~
姉妹ってこんな感じなのかな・・・
姉妹がほしかった!
観終わって思ったことです。


この日はレディースディだったのもあり90%以上が女性客でした。
一番大きな部屋でしたが7割以上は埋まっていたと思います。
女性に受けるような作りだった気がします。
気軽に観れる作品です、お時間に余裕がある女性にお勧めします~

弁護士のローズは、義理の母親に家を追い出された妹、マギーを仕方なく自宅に居候させるが、当のマギーは、仕事も決まらず勝手し放題。挙げ句、ローズの恋人とベッドインした所を目撃され、家を追い出されてしまう。行き場を失ったマギーは、亡くなったと聞かされていた祖母エマを頼りに、フロリダへ向かう。孫娘の突然の訪問に喜ぶのもつかの間、マギーの奔放さに辟易したエマは、彼女を老人たちの施設で働かせることに。そこでマギーは、新たな自分を発見していく・・・。

個人的おすすめ度 ■■■■■■■□□□

<イン・ハー・シューズ>


40


人気blogランキングへ



スポンサーサイト
この時代って物は無く貧しかったはずなんだけど、
人情と愛が溢れてた心は豊かな時代だったんだなぁ。
観終わると心がぽかぽかあったかくなる作品でした~


映画が終わってお手洗いに入ると
涙で崩れたお化粧を直す為に、いまどきの高校生から女子大生で満員。
『泣けるぅぅ~』
『すげぇ感動したぁぁ~』

みなさん口々に感想を言い合っていて・・・
いまどき若者世代にも受け入れられるのねぇとちょっぴり嬉しかったです♪
とにかくたくさんの人に観てほしい作品です。

昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残った経験がありながら、今は少年誌に冒険小説を投稿する日々。ある日茶川は、淡い思いを抱く飲み屋のおかみ、ヒロミに頼まれ、身寄りのない少年、淳之介を預かることに・・・。

個人的おすすめ度 ■■■■■■■■■■

<ALWAYS 三丁目の夕日>


39


人気blogランキングへ



2005.11.17.Thu 07:11 | おそとde映画 | trackback(3) | comment(2)
確かにホラーだけどホラーが好きな人には物足りない怖さのような?
心理的に怖いと思うことがありましたが怖がりの私でも観る事が出来るくらいのレベルです。

鈴木光司原作「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版です。
原作も日本版も知らないので比べ様もありませんが、
正直おすすめして良いのか判断しかねる作品でした。

離婚調停中のダリアは、最愛の娘セシリアの親権を得るため、家賃の高いマンハッタンを離れ、集合住宅がひしめく殺伐としたルーズベルト島の、古びたアパートへ引っ越した。暗く不気味な建物に違和感を覚えつつ、新生活を始めたダリアとセシリア。しかし、部屋の天井に広がる黒い染みや、奇妙な水の事故、階上から聞こえる足音に不安を感じたダリアは、親権を奪われるプレッシャーと偏頭痛に悩まされ、悪夢を見るようになる・・・。

個人的おすすめ度 ■■■□□□□□□□

<ダーク・ウォーター>


31


人気blogランキングへ



2005.11.14.Mon 00:30 | おそとde映画 | trackback(8) | comment(2)
ファンタジー系の作品と言われればそうなのかなぁ?
ちょっと癖があって、所々怖かったり笑ったりするような作りでした~

私の場合作品に入り込むまでに少し時間が掛かりました。
ストーリー展開にも、キャラ設定にもちょっと無理があると感じる事が所々あり~
テリー・ギリアム監督、キャストの中に興味深い人がいれば観ても良いかと思います。

19世紀のドイツ。兄ウィルと弟ジェイコブのグリム兄弟は各地の村を旅して、その地に伝わる古い物語を集め回っていた。その一方で、村人たちを苦しめている恐ろしい魔物がいればそれを退治し、賞金を手にしていた。ところが、魔物の正体は兄弟とその助手たちがでっち上げたイカサマだった。しかし、それがバレて将軍ドゥラトンブに捕まった兄弟は、ある村で起きている少女連続失踪事件の解明を命じられるのだが…。

個人的おすすめ度 ■■■■■□□□□□

<ブラザーズ・グリム>


25


人気blogランキングへ



かなり前だったと思うのですが坂本哲夢さんのドキュメンタリー番組見て彼に一目惚れ。
目が輝いていてとても素敵でした。もちろん外見も素敵だったんですけどね~
その後哲夢さんが事故で亡くなった事を知った時のショックは今でも忘れない・・・

と言うわけでこの作品に対する思い入れは相当強く、公開直後に観てどうしてももう一度映画館で観たかったのですがタイミングが合わず断念。
しかしながら小さな映画館で今上映してる事を知って2度目の鑑賞が出来ました。
奇遇にもこの日は11月10日、彼の命日だったのは驚きました。

とにかく子供から大人までたくさんの人に観てほしい作品です~

個人的おすすめ度 ■■■■■■■■■■

<星になった少年>


30


人気blogランキングへ



2005.11.11.Fri 14:20 | おそとde映画 | trackback(2) | comment(1)






<< 2005.11 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE


映画大好きです。観たい!と感じる映画を本能のままに観ている状態(笑)余程の事がない限りどんな作品も楽しめる人です。なので評価は甘めかと思います。宜しくお願いします~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。