FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

映画deブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
なんだか久しぶりの更新です。
只今忙しくて映画は観る時間はあっても感想を書く時間が取れません~
そんな訳で4月末くらいに復活する予定です。
また良ければよろしくお願いします!
スポンサーサイト
2006.03.22.Wed 18:27 | おそとde映画 | trackback(1) | comment(2)
一足お先に『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』観て来ました。
予告を見て以来とっても楽しみにしていた作品です~
ロードオブザリングの面白さを超えるか?と勝手に一人で盛り上がってました。

観終って思ったんだけど、たぶん好き嫌いがはっきり分かれるんじゃないかなぁ?と。
あまり期待しないくらいで観た方が良いと思います。
でも主役の4人の子供達の演技はとっても可愛かったですよ~

ファンタジー系が好きな人には楽しめる作品に仕上がってると思いますので
ファンタジー系が好きな方でお時間に余裕がある方はぜひご覧ください。

続きを読むからの感想はネタバレしています。

監督:アンドリュー・アダムソン
出演:ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、
   ティルダ・スウィントン、ジム・ブロードベンド

【ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女】公式サイト

第二次世界大戦下のロンドン。ベンジー家の4人兄妹は、疎開のため、田舎の古い屋敷に預けられる。長兄のピーター、長女スーザン、次男のエドマンド、そして、無邪気な末っ子のルーシーは、屋敷の中で静かにするように、と女執事に厳しく言われる。しかし、遊び盛りの4人は、言いつけを破り、怖い執事に見つからないように、屋敷中に隠れる。末っ子のルーシーが隠れた部屋には、衣装ダンスがあった。扉を開けるルーシー。すると、そこは一面に雪が降り積もる森だった。衣装ダンスは、別の世界への入り口だったのだ・・・。

 
個人的おすすめ度■■■■■□□□□□
 個人的満足度 ■■■■■■■□□□

<ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女>


81


人気blogランキングへ


2006.02.20.Mon 00:40 | おそとde映画 | trackback(2) | comment(1)
先日話題作、『ホテル・ルワンダ』を観て来ました。
観てる間、何度も何度も切なさと恐怖で鳥肌が立ち、この様な大惨事が数年前に現実に起きていたのかと思うと辛くて辛くてたまりませんでした・・・。民族対立、他国の加担、国連の無責任などたくさんの不幸が重なり、たった100日で100万人もの罪のない人々が大虐殺されたなんて・・・。そんな中、愛する家族だけを守ろうとした男性ポール・ルセサバギナ、が彼を頼ってホテルに逃げ込んできた1200人の命までもを救った奇跡の物語。
こんなにも勇敢でやさしさに溢れた男性がいるんですね。

アメリカでは話題が話題を呼び大ヒットした作品。2004年アカデミー賞他数々の賞も受賞。
主演のドン・チードルの迫真の演技がとにかく心に響きわたります。すばらしい演技でした。
あと所々流れるアフリカ音楽も作品を盛り立ててくれます。アフリカの音楽って良いですね。

とにかくポール・ルセサバギナの勇敢な行動に何度も何度も胸が熱くなります。
そして実際に起こった出来事だからこそ観終わって何か感じることは大切ですよね。
一人でも多くの方に観てほしい作品です!

とは言え全国公開は順次の様なのでHPでお確かめください。

忘れてならない『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会の皆様の熱い想いに感謝!
1つでも多くの映画館で、少しでも長く上映されるようにお祈り申し上げます!

続きを読むからネタバレしてます。

監督:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー
    ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス

ホテルルワンダ公式サイト
『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会 

フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、和平協定が結ばれようとしていた1994年、ルワンダの首都キガリ。外資系高級ホテル、ミル・コリンの支配人ポールは、近くフツ族の民兵によるツチ族の虐殺が始まるという噂を耳にする。やがてフツ族大統領暗殺の報道がなされ、フツ族が武器を片手にツチ族を襲撃し始めた。フツ族のポールは、ツチ族の妻・タティアナと息子たち、そして隣人たちを守るため、ホテルに匿うのだが…。

一人でも多くの人に観てほしい度 ■■■■■■■■■■

<ホテル・ルワンダ>


70


人気blogランキングへ


2006.02.17.Fri 00:44 | おそとde映画 | trackback(2) | comment(4)
私は好みの作品でした。
こういった系統の作品大好きなんです♪
映像はすごく美しいし、ワイヤーアクション、衣装、音楽・・・すごく良い!
私のツボにはまりました!ただストーリー展開が分かりにくい部分が多少あり。

正直言うと誰でも楽しめる作品では無いと思います。
ジャンルは個性派ラブファンタジーとでも言えば良いのかな?
監督・出演者に興味があればぜひ映画館でご覧ください。

続きを読むからネタバレしています。

監督:チェン・カイコー
出演:真田広之 、チャン・ドンゴン 、セシリア・チャン

【PROMISE/プロミス】公式サイト

生きる術さえも持たず、空腹に震える幼い少女・傾城の前に、運命を司る美しき神“満神”が現れた。「この世のすべての男からの寵愛と、不自由ない生活を約束しましょう。その代わり、お前は決して真実の愛を得ることはできない。それでもいいですか?」と問う満神に傾城は答えた、「それでもいい」と。やがて彼女は王妃となった。その頃、無敵を誇る大将軍・光明が、俊足の昆崙を自分の奴隷としていた。そして反乱の企てから王を救おうと、光明と昆崙は城へと向かうのだが…。
 
個人的おすすめ度 ■■■■■□□□□□
個人的満足度   ■■■■■■■■□□

<PROMISE/プロミス>


72


人気blogランキングへ




2006.02.13.Mon 01:07 | おそとde映画 | trackback(0) | comment(0)
どこかで見かけたことある謎の美女・・・
黒髪だったのから?最初は誰なのかまったく気が付きませんでした。
でもあの目はもしかして・・・と正解!シャーリーズ・セロン!でした。
これはシャーリーズの新作映画『イーオン・フラックス』の予告を観た時の出来事です。

公開は3月11日からなので少しまだ先です。
でもシャーリーズがとっても素敵だったので思わず書きたくなりました。
SFってどちらかと言うと得意ジャンルではないけど内容は二の次、シャーリーズの活躍を観るだけできっと大満足出来るでしょう♪

感想は後日映画鑑賞後に書き込みます。

余談ですが前売り券を買うと限定の近未来メタルソープが付いてくるらしいです。
前売り券なんて買ったこと無いけど近未来メタルソープほしい!
と言う事で来週前売り券を買いに行きます!
(でも先着7000名なので間に合うかどうか・・・)

監督: カリン・クサマ
出演: シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー、
    ソフィー・オコネドー、フランシス・マクドーマンド


【イーオン・フラックス】公式サイト


西暦2015年、品種改良による麦から発生したウィルスにより、人類の98%が死滅。人類は科学者トレバーの開発したワクチンにより、かろうじて滅亡の危機を回避できた。以降、人類は汚染された外界を壁で隔てた都市ブレーニャで、救世主の子孫トレバー8世を君主に、トレバーの弟と科学者達から成り立つ政府に厳しく律されながら暮らしていた。一方、主人公イーオン・フラックスは反政府組織“モニカン”に属する優秀な戦士であった。ある日、イーオンの妊娠中の妹ユナがモニカンの一員である事を理由に殺されてしまう。政府に対する激しい憎悪をもったイーオンに、いよいよ君主暗殺の指令が下る…。

期待度 ■■■■■■■■□□

<イーオン・フラックス>


80A


人気blogランキングへ




2006.02.09.Thu 00:04 | おそとde映画 | trackback(0) | comment(0)
マザー・テレサ、もちろん名前程度は知ってました。
でも今回この作品を観て彼女の生き様や想いを痛いほど感じ取れました。
そしてマザー役のオリビアハッセーの熱演も見ものです。

人の生き様が描かれている作品て学ぶことが多いですよね。
静かに流れていくタイプの映画で少し物足りない気もしますが、
観終わって感じることはたくさんあると思います。
かなりおすすめです!


監督:ファブリツィオ・コスタ
出演:オリヴィア・ハッセー 、セバスチャーノ・ソマ 、ミハエル・メンドル 、
   ラウラ・モランテ 、イングリッド・ルビオ

1946年、インドのカルカッタ。カトリックの修道院で教師をしていたマザー・テレサ(オリビア・ハッセー)は、神の声を聞き、自分の居場所が貧しい人々の中にあることに気づく。4年後、彼女は“神の愛の宣教者会”を創立する・・・。

おすすめ度 ■■■■■■■■□□

<マザー・テレサ>


71


人気blogランキングへ



2006.02.04.Sat 00:00 | おそとde映画 | trackback(0) | comment(0)
一足早く『B型の彼氏』を観てきました。
第18回東京国際映画祭でチケットが45秒で完売した超話題作!
大人気の韓国イケメン俳優、イ・ドンゴンが主演の作品です!
雑誌でイ・ドンゴンのカッコ可愛さは知っていたので楽しみでした~

大画面で初めて彼の作品を観ましたが、なかなかのイケメンぶり。
予想以上に甘いマスクの美青年でした~
今回は勝手気ままなB型男を爽やかにに演じていてかなり好感が持てましたよ。
大人気と言うのも納得です!

イ・ドンゴン、ハン・ジヘに興味がある方ならかなり楽しめると思います!
お時間有ればぜひどうぞ~


続きを読むはネタばれしてますのでご注意ください。

監督:チェ・ソグォン
出演:イ・ドンゴン、ハン・ジヘ、シン・イ

【B型の彼氏】公式サイト

女子大生のハミは今でも運命の出会いを信じている女の子。ある時、間違いメールの相手ヨンビンと偶然の出会いを果たしたことから、「彼こそ、わたしの運命の相手!」とロマンチックな妄想にはまりこむ。でも、実はヨンビンはB型の男の子だった!そう、巷で恋人にしたくない男性1位に輝く、わがままで自意識過剰で自己中心的なタイプである。一方、ハミは小心者で何事にも慎重なA型。自分とは全く違う性格のヨンビンに、彼女は惹かれていくのだが……。


おすすめ度  ■■■■■□□□□□
個人的満足度 ■■■■■■■□□□

<B型の彼氏>


61


人気blogランキングへ




2006.01.27.Fri 01:32 | おそとde映画 | trackback(2) | comment(0)
この作品は実話をベースに作られてるのですね。
私も学生時代から軽いセクハラとは縁が切れなかったので・・・
中盤からラストにかけては主役のジョージーに思いっきり感情移入してました!

私なんか、と何度も思った。
お前なんか、と何度も言われた。
それでも、立ち上がってみようと思った。
 


このコピー良いですねぇ。
正直派手さは無い映画です。
でもさまざまな困難に立ち向かう主人公に対して次第に胸が熱くなり・・・。

主演のシャーリーズ・セロン、良い味出してますよ!
そしてお時間のある方は是非鑑賞して、何かを感じてください。
かなり見応えある作品だと思います。

監督:ニキ・カーロ
出演:シャーリーズ・セロン 、フランシス・マクドーマンド 、
    ショーン・ビーン 、リチャード・ジェンキンス 、ジェレミー・レナー

【スタンドアップ】公式サイト

子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー。鉱山の町としての伝統を育んできた町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親のちがう娘を連れて、戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中、ジョージーは子供たちのために、自立を目指して、鉱山で働きだす。だが職場では、男性社会に進出してきた女性に対する会社ぐるみの厳しい洗礼と、屈辱的な嫌がらせが待っていた・・・。

個人的おすすめ度 ■■■■■■■■■□

<スタンドアップ>


60


人気blogランキングへ






ハラハラドキドキの連続でした!
そしてジョディフォスターが娘を想う母親の役を見事に熱演してましたね。
私も途中から乗客の一人になったような錯覚に陥り・・・
でも現実にあのような事が高度一万メートル上空の機内で起きたら怖いですねぇ。

とにかくハラハラドキドキ感を体験したい方にはおすすめの作品です!
この作品で味わえるスリルとサスペンスは大画面で観る価値があると思いますよ。
お時間に余裕がある方はぜひご覧ください。


追伸・・・続きを読むからネタバレしてますのでお気をつけください。

監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:ジョディ・フォスター ショーン・ビーン ピーター・サースガード エリカ・クリステンセン
 
【フライトプラン】公式サイト

突然の夫の死によって、悲しみに打ちひしがれた航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)は、6歳の娘ジュリアと共に帰国の途に向かっていた。ベルリン発ニューヨーク行き、最新型エアジェット──だが、高度1万メートルの上空で、彼女の娘は忽然と姿を消した…。しかし、乗客はおろか乗務員の誰一人として、ジュリアが機内に存在していたことを認めない。必死に機内を探すカイル。その時、乗務員は彼女に恐るべき“真実”を告げる。FAXで送られてきた記録によれば、ジュリアは6日前に夫と共に死亡していたというのだ…。

個人的おすすめ度 ■■■■■■■□□□

<フライトプラン>


64


人気blogランキングへ






噂通り面白い作品でした~
何度も何度も大笑いしました~
特に私の笑いのつぼにハマッタた人物は総支配人役の伊藤四郎
白塗りシーンに関しては笑い過ぎて苦しくなったくらいです!

とにかく気軽に楽しめる作品だと思います!
そして三谷幸喜監督演出で次々出てくる豪華キャスト。
それだけでも十分観る価値がある一作だと思います。
笑いたい人にはおすすめします~


監督:三谷幸喜
出演:役所広司・松たか子・佐藤浩市・篠原涼子・香取慎吾・伊藤四郎・西田敏行
    戸田恵子・津川雅彦・原田三枝子・唐沢寿明・角野卓造・浅野和之
    石井正則・オダギリジョー・生瀬勝久・寺島進・YOU・近藤芳正
    麻生久美子・川平慈英・梶原善・堀内敬子・奈良崎まどか・榎木兵衛

【THE 有頂天ホテル】公式サイト

大晦日を迎えた「ホテルアバンティ」では、ホテルの威信がかかった年越しカウントダウンパーティーの準備で大忙し。そんな中でも副支配人の新堂平吉(役所広司)は、様々な問題に機転を利かせて対応するのだが…。 

個人的おすすめ度 ■■■■■■■□□□

<有頂天ホテル>


65


人気blogランキングへ











<< 2016.08 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE


映画大好きです。観たい!と感じる映画を本能のままに観ている状態(笑)余程の事がない限りどんな作品も楽しめる人です。なので評価は甘めかと思います。宜しくお願いします~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。